9カ月プログラムレポート(高校1年生)

  • HOME
  • 9カ月プログラムレポート(高校1年生)
高校1年生を対象に、3カ月間のアメリカ留学を中心に、出発前事前学習と帰国後事後学習を合わせた9カ月にわたるプログラムプログラムです。留学中は中学の海外研修時と同様にUCSBで授業が行われます。細分化された英語の授業を3カ月間で約270時間受けることで、生徒の英語力はCEFRのB1またはB2レベルに到達します。

事前学習3ヵ月

留学をより有意義なものにするため、本校ネイティブ教員(TESOL取得者)による授業を受講します。 現地での授業にスムーズに入っていけるように、オールイングリッシュで授業を行い、集中的に英語を学ぶための土台作りをします。更に、Writing Essay(英語論文作成)の基礎学習も行い、パラグラフ構成力を身に付け、自分の考えや意見を述べられるようにします。

留学3ヵ月

UCSB(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)で、Reading、Writing、Grammar、Listening、Speaking、Pronunciation、 TOEFL Practice、Writing Project等、分野別に授業が組まれます。Master of Arts in TESOL(大学で留学生に英語を教えるための修士号)を持つ講師の授業を受講し、集中的に英語力を伸ばします。留学中は、UCSBの寮(2ヵ月)、八雲レジデンス(2週間)で生活し、ホームステイ(2週間)やアメリカ独立記念日、メジャーリーグ観戦等の文化も体験しながら、自立心も養います。

事後学習3ヵ月

帰国後には、事前学習同様、ネイティブ教員が本格的なWritingの授業を行います。留学で習得した英語力を更に向上させるため、本格的に英語論文の作成を行います。テーマは身近なものから社会情勢、環境問題などを幅広く設定し、英語力だけでなく、思考力も育み、日本国内の大学だけでなく、海外の大学も進路の視野に入れられるよう学習します。

2018年

授業の報告です。

1限目:Test Strategy and Practice 担当:キャシー先生

TOEFL Junior Testsの対策を行います。テストの概要やどのような英語力が求められるかの説明を受けました。例えば、リスニング問題はスピードが早く、3分を超える長い問題文もあります。先日行われたテストでも、かなり早いリズムで長い問題文が読まれていました。100%理解しながら聞くのは難しいので、全ての単語をキャッチするのではなく、大事な情報を聞き取り、正しい回答を導き出す練習をしていきます。

2限目:Writing Project 担当:キャシー先生

この授業では、UCSBGUIDE BOOKを作成します。昨年、一昨年前の参加者が作ったガイドブックを見ながら、どのようなガイドブックを作成していくのか、みんなで考えました。

授業のあと、バスを利用してショッピングモールへ出かけ、久しぶりの買い物を楽しみました。9月のホームステイではバスで通うこともあるので、その練習にもなりました。

01-0706 (2) Test Strategy & Practice 授業の様子.JPG

Test Strategy & Practice 授業の様子。

02-0706 (4) Writng Project どんなGuide Bookを作るか英語で会議しています.JPGどんなGuide Bookを作るか英語で会議しています。

03-0706 (6) バスを利用して無事到着.JPGバスを利用して無事到着!

04-0706 (10) サンタバーバラ限定スムージーに大満足!.JPGサンタバーバラ限定スムージーに大満足!

05-0706 (7) 久しぶりにお買い物.JPG久しぶりのお買い物!

06-0706 (9) 欲しいものが手に入りました.JPG欲しいものが手に入りました!

授業の報告です。

1限目:Oral Presentation 担当:キャシー先生

"Stage Fright(あがってしまうこと)"をどのように克服するかを学習しました。"Mingle(歩き回って人と話をする)"ことで緊張をほぐすという方法の説明も受けました。相手が聴きやすい話し方、発表に相応しい丁寧な話し方、また話の展開の仕方など、プレゼンテーションにおける必要な技能を学んでいきます。

23限目:Reading & Vocabulary 担当:スージー先生

宿題で読んできた"The Gift of the Magi"から授業が始まりました。設問の解答をホワイトボードにそれぞれ書き、全員で確認していきました。次の課題文、"The Story of an Hour"は結婚についての話です。読む前に、100年前の結婚と現在の結婚の違いについて考えました。

4, 5限目:Communication & Culture 担当:ダニー先生

昨日生徒たちが体験した独立記念日を題材に、会話表現を学習していきました。授業後半は、今後行われるインタビューアクティビティーに向けて必要な表現も練習しました。 Comm & Cultureでは、その名のとおり、アメリカ文化を理解し、コミュニケーション力を高めていきます。

01-0705 (1) Oral Presentation 担当 キャシー先生.JPG

Oral Presentationの授業の様子。

02-0705 (4) Interview Activity.JPGInterview Activity

03-0705 (10) Reading & Vocabulary 宿題チェック.JPG宿題のチェックをします。

04-0705 (15) Prereadingの様子.JPG文章を読む前に考えます。

05-0705 (17) 楽しく授業を受けています.JPG楽しく授業を受けています。

06-0705 (18) この授業の特徴はアクティビティー多さです.JPGアクティビティも多く取り入れています。

今日は独立記念日で、ジジ先生のご自宅に伺い、授業を担当していただいている先生方、そしてUCSBの職員とそのご家族と、大勢の人たちで賑やかにBBQパーティーを楽しみました。夜には、海辺から上がる花火を鑑賞しながら、近所の方たちと一緒にアメリカ独立記念日をお祝いしました。最後には「赤、白、青」3色の花火がたくさん打ち上げられ、アメリカ国旗の色に染まった空を見ながら、大いに盛り上がりました。先生方とたくさんお話することができ、お互いの距離も縮まったようです。そして、アメリカの家庭で独立記念日を一緒にお祝いをするという、本当に貴重な体験となりました。

01-0704 (3) エイミー先生、リラ先生と.JPG

先生方と楽しみます。

02-0704 (1) 素敵なお庭でBBQパーティー.JPG素敵なお庭です。

03-0704 (5) ジョンさんありがとうございました!.JPGBBQおいしかったです!

04-0704 (17) 感謝の気持ちを込めて歌を歌いました.JPG感謝の気持ちを込めて歌いました。

05-0704 (18) 今日はこんなにたくさんの人たちと交流できました.JPGたくさんの方々と交流できました。

06-0704 (20) ジジ先生、今日は本当にありがとうざいました!.JPG夜遅くまでありがとうございました。

授業の報告です。

1限目:Pronunciation 担当:ヒラリー先生

英語の「音」を意識して、より自然に英語を発音できるよう学習していきます。先生がおっしゃる「各言語が持つ特有の音で、その言語が奏でる音楽」があるということを理解し、アクセントだけではなく、抑揚のつけ方、音の高さや話すスピードなど、「英語が持つ特有の音」を学習して、正しい「音」を手に入れて欲しいです。

23限目:Reading & Vocabulary 担当:スージー先生

"What My Dad Taught Me"という物語を読みました。文章を読んだあと、「なぜ登場人物は~したのですか」という質問を与えられ、グループごとに考えながらストーリーを深く理解していきました。答えが文中になく、登場人物になってみて自分なりに解釈しなければならないものは特に難しく感じたようです。

4・5限目:Listening & Speaking 担当:ダニー先生

まずは先生がどんな人かを知るため、先生の身分証明書や免許などを見ながら、手がかりになる情報を集めました。ダニー先生の生い立ちや経歴を聞いたあと、今度は"Two Truths and One Lie"というアクティビティーを行い、自分について2つは本当のこと、1つはウソの文を書き、クイズ形式で自己紹介を行いました。Listening & Speakingでは発話する機会を多く与えられますが、完全な英語で話していない場合、その場ですぐに直されます。独特の表現をたくさん勉強し、Skitなどをとおしてそれらに慣れながら、力をつけていきます。

01-0703 (4) 思ったより音を出すのが難しいです.JPG

kazooという楽器で発音練習。

02-0703 (10) Reading & Vocabulary グループワーク(横山&金井&百済).JPGグループワークの様子。

03-0703 (18) Detective Game(葛西&北村&百済).JPG先生についての情報を集めます。

04-0703 (21) 自分たちのことも知ってもらいました.JPGそれぞれ自己紹介もしました。

05-0703 (2) ヒラリー先生オリジナルの教科書.JPG

オリジナルの教科書です。

06-0703 (5) 宿題はたくさんあります.JPG宿題もたくさんでました。

いよいよ本格的に授業がスタートしました。

1限目~3限目:TOEFL Junior Tests

第1回TOEFL Junior Testsが行われました。先日行われたSpeakingテストと合わせ、1. Listening 30分、2. Language Form (文法) 25分、3. Reading Comprehension (読解) 50分の全4項目にわたる内容でした。

45限目:Writing 担当:アネット先生

最初のグループワークではInterview Questionが行われ、グループごとに質問をしました。家族、理想の仕事、行ってみたい場所、特技などの基本的なものから、「なぜ英語力を向上したいのか」、「10年後何をしているか」など、少し考えさせられる質問まで含まれていました。グループワークが終わると、大きな紙にイラストも添えて自己紹介の作成作業に取り掛かりました。授業はテストの後ということもあり、ウォームアップという感じでしたが、早速宿題が出されており、作文の内容も徐々に難しくなります。この授業をとおして、作文力を身に付けるのと同時に、普段の会話にも活かしてもらいたいです。

01-0630 (1) 週末の寮の様子 他団体の女の子とミサンガ作り.JPG

週末は寮で他団体の子とミサンガを作りました。

02-0702 (3) TOEFL Juniorはマーク式のテスト.JPGテストの様子です。

03-0702 (11) わからないことは積極的に質問します.JPGいよいよ授業開始です。

04-0702 (5) グループワーク(佐々木&葛西).JPGグループワークの様子です。

05-0702 (12) 好きな色のペンを選んで自己紹介作成開始.JPG自己紹介の用紙を作ります!

06-0702 (15) 教室の壁に飾らせてもらいました.JPG教室に飾っていただきました!

今日からいよいよ寮生活がスタートしました。UCSBでは、ジジ先生を始めとした多くの先生が出迎えてくださり、学部長のボブ・ヨーク先生からも歓迎のお言葉を頂戴しました。

オリエンテーションでは、まずネームタグの作成や、学生VISAI-20(学生証明書)の取り扱いについて説明を受けました。オリエンテーション終了後には早速TOEFL Junior TestsSpeaking Testが行われました。試験官と11の形式で、さまざまなことを質問されました。緊張で力を発揮できず、悔しい思いをした生徒もいたようです。試験以外にも、読書用に本の貸出をしていただきました。本は5段階にレベルが分かれていて、それぞれ自分のレベルに合わせて好きな本を選びました。留学中、継続的に読書を続ければ、語彙力や読解力はもちろん、表現力も高めることが期待できます。

062901-6.29 (5) 学部長のボブ・ヨーク先生.JPG

学部長の先生からお言葉を頂戴しました。

062902-6.29 (6) 学生VISAについての重要な話を聞きました.JPG学生VISAについて重要なお話。

062903-6.29 (22) Speaking Test(佐々木).JPGSpeaking Testの様子。

062904-6.29 (33) 週末は読書します!.JPG読書もします!

062905-6.29 (3) チェックインを済ませ、いよいよ寮生活がスタート.JPGチェックインして寮生活がスタート!

062906-6.29 (36) 寮のカフェテリアで夕食.JPG夕食は寮のカフェテリアで。

朝食は中学でも利用したIHOPというレストランで、自分が食べたいものを自分で注文しました。その後は大型スーパーに立ち寄り、明日から始まる寮生活で必要なものを買い揃えました。寮生活では自分の意思でどのように時間を過ごすかが大事になってきます。改めて「なぜここに今いるのか」をそれぞれが確認して、充実した留学生活になるよう心がけてもらいたいです。そしてUCSBの授業も始まります。教室内ではより積極性が求められます。夜のミーティングで、授業中は「一切日本語を使わない」ことを再確認しました。間違えを恐れず、臆さずに発言し、一つでも多くのことを吸収して成長してほしいと願っています。

6.28 (2) 朝食の様子.JPG

朝食は自分で注文します。

6.28 (3) 朝食の様子.JPGスムーズに注文できました。

6.28 (4) 夕食は中華レストランで.JPG夕食は中華でした。

6.28 (5) 種類はとても豊富でした.JPGお料理の種類もたくさん!

6.28 (6) 寝る前に勉強.JPG寝る前にも勉強です。

6.28 (8) 明日から寮生活がんばります!.JPG明日からいよいよ寮生活です!

今朝は中学海外研修中にも訪れた、「Summerland Beach Cafe」で朝食を取りました。事前に調べていたメニューをそれぞれ自分たちで注文しました。朝食を取ったあと、寮へ行き、自分たちの部屋、プレイルーム、ランドリー、シアタールーム、フィットネスルームなど充実した施設を見学して、これから始まる寮生活のイメージができたようです。寮見学を終えたあと、歩いてUCSBに向かいました。寮を出て12分でUCSBの敷地に入り、敷地内を約10分ほど歩いて、これから約3ヵ月間授業を行う教室も見学しました。UCSBに着くと、八雲専属のプログラムマネージャー、ジジ先生が出迎えてくださいました。オリエンテーションは金曜日に行なわれますが、授業の内容、留学中の注意点等を話してくださいました。レジデンスに戻ると、協力してBBQの準備を済ませ、夕食までの間、プールや宿題などそれぞれ自由な時間を過ごしました。太平洋を一望しながらのBBQは格別だったようで、楽しい夕食となったようです。明日も10時頃レジデンスを出発して、寮生活に必要なものを買いに、大型スーパーへ行く予定です。

6.27 (1) 朝食はSummerland Beach Cafe.JPG朝食はSummerland Beach Cafe

6.27 (2) 自分のものは自分で注文.JPG自分のものは自分で注文

6.27 (3) 好きなものを頼みました.JPG好きなものを頼みました

6.27 (4) みんな朝から元気です!.JPGみんな朝から元気です!

6.27 (5) 寮見学ツアー・シアタールーム.JPG寮見学ツアー・シアタールーム

6.27 (6) 寮見学ツアー・フィットネス.JPG寮見学ツアー・フィットネス

6.27 (7) 寮見学ツアー・ランドリー.JPG寮見学ツアー・ランドリー

6.27 (8) 寮見学ツアー・部屋(221号室).JPG寮見学ツアー・部屋(221号室)

6.27 (9) 寮見学ツアー・部屋(220号室).JPG寮見学ツアー・部屋(220号室)

6.27 (10) 寮見学ツアー・部屋(219号室).JPG寮見学ツアー・部屋(219号室)

6.27 (11) 金曜日からここでの生活が始まります.JPG金曜日からここでの生活が始まります

6.27 (12) 寮から歩いてUCSBへ.JPG寮から歩いてUCSBへ

6.27 (13) ジジ先生が出迎えてくださいました.JPGジジ先生が出迎えてくださいました

6.27 (14) 授業や留学生活についてお話してくださいました.JPG授業や留学生活について話してくださいました

6.27 (15) 自由時間(プール).JPG自由時間(プール)

6.27 (16) 自由時間(リビングで勉強).JPG自由時間(リビングで勉強)

6.27 (17) BBQスタート!.JPGBBQスタート!

6.27 (18) 明日も頑張ります!.JPG明日も頑張ります!

6.27 (19).JPG

6.27 (20).JPG

6.27 (21).JPG

6.27 (22) 夕食後もしっかり勉強しています.JPG夕食後もしっかり勉強しています

3カ月の事前学習を終え、9カ月プログラムのメインである3カ月間の語学留学がスタートしました!ロサンゼルス空港での留学生としての入国審査は緊張した様子でしたが、無事にアメリカに入国し、少し緊張もほぐれたようです。その後、バスでサンタバーバラへと向かい、夕方八雲レジデンスに到着しました。本日はオバマ前大統領も訪れるイタリアンレストラン「Trattoria Mollie」で夕食をとりました。豪華な料理を食べながら、「3カ月間頑張ろう!」とさらにテンションもあがったようです。

6.26 (1) いよいよ出発です.JPG

いよいよ出発です!

6.26 (3) アメリカに到着しました.JPG無事アメリカに到着!

6.26 (4) バスをチャーターしていざサンタバーバラへ.JPGサンタバーバラまではバスをチャーターしました。

6.26 (5) 人気レストランで夕食 オーナーシェフが出迎えてくださいました.JPGオーナーシェフが迎えてくれました!

6.26 (6) 3ヵ月頑張ります!.JPG有意義な3カ月にします!

6.26 (7) 朝ごはんのメニューを見ながら英語の勉強.JPGパソコンを使って英語で日記を書きました。

事後学習は約3カ月間、放課後を利用し、専任ネイティブ3名体制、オールイングリッシュで行われます。今回は、ホームステイ・授業・文化など、自分たちが留学で体験してきたことを先生方に報告し、アメリカの文化について話し合いました。自分から積極的に話している姿が印象的でした。留学で得た英語力をさらに向上させるために、様々なテーマを取り上げ、ディスカッションでそれぞれの考えを共有してから、エッセイを書いていきます。今回のプログラムについて、12月の英語祭で発表します。後輩たちにこのプログラムの魅力を伝えるため、留学中に何度もプレゼンテーションを行ってきた経験を活かし、自分たちで準備をしていきます。

01.JPG

02.JPG

03.JPG

04.JPG

2017年

最新の記事

月別アーカイブ