YAKUMOニュース

文化体験(上野の博物館・美術館へ)

中学生は試験後の午後を利用して、上野に出掛けました。1年生は東京国立博物館の常設展を見学、2・3年生は国立西洋美術館・国立科学博物館・東京都美術館・東京国立博物館特別展・東京藝術大学大学美術館のなかから選択して、見学しました。当日は天気も良く、芸術の秋にふさわしい1日となりました。

生徒の感想:「授業で習ったり、図説で見たものがそのまま博物館にあって驚きました。私は歴史が好きなので、実物を見れて感動したし、とても楽しかったです。」(東京国立博物館常設展)
北斎の絵と、それに刺激を受けた画家たちの絵を同時に間近で見られるというのがとても面白かったです。どの絵も素晴らしく、1つ1つ勉強になることがたくさんありました。あんなに多くの異国の巨匠とばれるような人たちに刺激を与えた北斎は、本当にすごい画家だったのだと思いました。」(北斎とジャポニズムーHOKUSAIが西洋に与えた衝撃ー)
ミイラがとても印象的でした。よく見てみると、髪の毛が残っていることに気づきました。どうしてだろうと説明書きを見てみたら、頭の細胞だけが死んでいないと書いてあったのでとても驚きました。全体的に農業に必要なモノが多く展示されており、当時の生活の大変さなどを感じられました。」(古代アンデス文明展)
どの絵も細やかで、細部まで表現されていた。風景画は特に素晴らしく、見つめているうちに自分が絵の中に入り込んだような感覚になり、そこにも魅力を感じた。」(ゴッホ展ー巡りゆく日本の夢ー)
あまりにリアルな造りの像が、すべて彫刻だと知って驚きました。資料集などで見るのと違い、生で見る仏像はその生々しさや神々しさが際立っていて、今回見に来ることができてよかったです。」(興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」)
大学生や大学院生、卒業生の作品がたくさん飾ってあり、すごかったです。発想力が豊かであるだけでなく、いつも身近なことにも関心を払って作品作りに活かしているのだなと思いました。また皇室に納められている作品は、どれも美しくて感動しました。」(皇室の彩ー百年前の文化プロジェクトー)
日本にはないようなおしゃれで幻想的な作品が多かったという印象でした。おとぎ話に出て来そうな形をした傘などもあり、日常で使うものが芸術作品として形を変えているのが、見ていてとても楽しかったです。」(フランス人間国宝展)

中1東博01.JPG

中1東博02.JPG

中23②アンデス展(中2).JPG

中23④運慶(中2).png

中23④運慶(中3).png

中23①北斎(中2・3).JPG

投稿日:2017年11月22日 (水)

最新の記事

月別アーカイブ