カリキュラム

英語

カリキュラムの特色

密度の濃い英語教育を6年間行い、大学受験に向けての指導とともに、豊かな国際感覚を身につけたグローバルな人材育成に取り組んでいます。英語力アップを図るべくCEFRのC1レベルを目指しています。中学3年間で学んだことを基盤に、高校では大学受験に対応できる力を養っていきます。

中学

  • 語の授業は、中学2・3年生は習熟度別で行う。
  • オーラルの授業は、ネイティブの先生と日本人の先生で行う。
  • 英単語の習得に向けて、毎日「Today's Words」を実施。週に1回朝テストで確認テストを行う。
    目標英単語数:中学3年生までに1800語
  • 年間を通じて週に1時間、級別の英検・TOEFL junior・TOEFL対策の授業があり、学年にかかわらず、未習の高度な単元にも触れた指導を行う。
  • 英語力を向上させる英語行事の実施。

高校

  • 週に1回単語の朝テストで単語・熟語の定着を図る確認テストを行う。
  • 高校では文構成を理解し、エッセイを書き、発表する。

学習の目標

Stage 学年 科目 学習内容
中1 英語 英語を習得するうえで必要不可欠となる文法の基礎・正しい音に加え、レシテーションコンテスト・朗読劇の練習・発表を通して、英語で表現する力を身に付ける。
繋ぎの言葉、人やものを比較する表現、複数の言葉で修飾する表現を学び、英語劇の練習・発表、スピーチコンテストの文章作成を通して、自分の言葉で表現する力を身に付ける。
目標:英検5・4級取得
中2 英語 繋ぎの言葉、人やものを比較する表現、複数の言葉で修飾する表現を学び、英語劇の練習・発表、スピーチコンテストの文章作成を通して、自分の言葉で表現する力を身に付ける。
目標:CEFR A1レベル(英検4・3級/TOEFL Junior650)
中3 英語 中学の総仕上げとして行われる2週間アメリカ海外研修を焦点に、様々な場面に応じた表現や意思の伝達方法を学び、実践につなげていく。海外研修では、訪問先のモンテッソーリスクールなどで八雲学園の紹介をしたり、姉妹校ケイトスクールで事前に決定したテーマに沿って調べた内容について、本校生徒が英語で、ケイト生が日本語でプレゼンテーションを行う。またYale大学との交流を通して日本文化を簡単な言葉で伝えられる英語力を身に付ける。
目標:CEFR A2レベル(英検準2級/TOEFL Junior655-725)
高1 コミュニケーション英語Ⅰ 中学で習った文法を総復習するとともに、世界の多種多様な話題を用いて意見交換を行い、自分の考えや意見を伝えられる英語力を身に付ける。
英語表現Ⅰ 複数ALTがいる授業形態の利点を活かし、会話でよく使われる表現を学び、語彙力を高め、コミュニケーション力を向上する。
目標:CEFR B1レベル(英検2級/TOEFL iBT42-71/TOEFL Junior730-780)
高2 コミュニケーション英語Ⅱ 一定の英文を読んで要点を捉える読解力、また聞き取って得た情報をもとに要点を捉える力を身に付け、意見交換が行える英語力を身に付ける。
英語表現Ⅰ 複数ALTがいる環境で積極的にコミュニケーションを図り、伝えたい情報や自分の考えを伝えられる表現力を身に付ける。
英語表現Ⅱ 論理展開やその表現方法を学び、伝えたい情報や自分の考えを英語で書けるようにする。
目標:CEFR B2レベル(英検準1級/TOEFL iBT72-94)
高3 コミュニケーション英語Ⅲ 一定の英文を読んで的確に理解する読解力、また聞き取って得た情報を的確に捉える力を身に付け、理解した内容を自分の言葉で伝えられる英語力を身に付ける。
英語表現Ⅱ 高校2年生で学習した英語特有の論理展開や表現方法の理解を深め、様々な種類の文章を書けるようにする。
目標:CEFR C1レベル(英検1級/TOEFL iBT95-120)

参考)各大学が定める、Language Requirements(英語力)

TOEFL iBT 有名アメリカ大学 2016-2017 世界大学ランキング
109以上 Harvard University 第6位
100以上 Yale University 第12位
Stanford University 第3位
87以上 UCLA(カリフォルニア大学 ロサンゼルス校) 第14位
68以上 UC Berkeley(カリフォルニア大学バークレー校) 第10位

カリキュラム